内臓脂肪を減らす方法はサプリがおすすめ!原因と効果について!

“なんだか最近お腹が出てきた気がする…”と気づいてしまったそこのあなた!

 

そのぽっこりお腹、皮下脂肪ではなく内臓脂肪が溜まり始めているサインかもしれません。

 

放っておいても内臓脂肪はどんどん増えるばかり!糖尿病、動脈硬化、高血圧、さらには脳梗塞になってしまう危険性もあるのです!

 

この内臓脂肪、どうしたら減らすことができるのでしょうか。

 

食事制限…、運動…、思いつく方法はちょっとツライものばかり…。そこでおススメしたいのが、飲むだけ簡単!なサプリなのです!そこで、サプリの内臓脂肪に対する効果を、内臓脂肪が溜まってしまう原因とともにご紹介していきたいと思います。

 

内臓脂肪減らすサプリ1位 シボヘールの特徴

シボヘールの特徴は、

  • 機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」配合
  • 内臓脂肪と皮下脂肪を減らすのを助ける機能があることが報告されている
  • お腹周りの肥満気味やBMIが気になる方に適した食品サプリ
  • いつでも解約可能
  • BMI25〜30の肥満気味なモニター対象研究で「お腹の脂肪を減らす効果」が報告済
  • 飲みやすい錠剤
  • 3ヶ月で効果を実感した体験者多数報告
  • 内臓脂肪・ダイエットサプリとして、人気度1位(当サイト調べ)
  • 日本国内工場で製造した「日本製サプリメント」

価格 (1日約93円!)980円
評価 評価5
備考 3218円が、WEB限定割引で980円キャンペーン中
内臓脂肪減らすサプリ1位 シボヘールの総評

お腹の脂肪を減らすサプリとして最近注目を集めている機能性表示食品『シボヘール』は、「体重を減らす」「お腹の脂肪を減らす」「ウエスト周りを減らす」働きがあるサプリ食品です。

「葛の花のイソフラボン成分」という漢方で、摂取することで燃焼しきれずに余ってしまったエネルギーを脂肪になる前に分解してくれる効能が期待できます。

キャンペーン価格として、1ヶ月分3218円が送料無料で980円(税込)で購入できる時に試すのがおすすめです。

人気、実力ともにナンバーワンの内臓脂肪を減らすサプリといえます。

内臓脂肪減らすサプリ2位 きなりの特徴

きなりの特徴は、

  • オメガ3+を配合
  • DHA・EPA・DPA配合
  • クリルオイル配合
  • ナットウキナーゼ配合
  • 魚臭さゼロ!
  • アスタキサンチン配合
  • 3年連続モンドセレクション最高金賞受賞
  • 特別価格モニターで67%OFFの1980円(税込)
  • 返金保証あり
  • 純国産の安全な原料を使用
  • リピート率、脅威の92,3%
  • GMP取得工場で製造
  • 肥満や内臓脂肪が気になる人におすすめ

価格 1980(税込)円
評価 評価4.5
備考 5695円が初回1980円!返金保証付
内臓脂肪減らすサプリ2位 きなりの総評

内臓脂肪を減らしたい方、お腹周りが気になる方に、代謝機能を促進する血液サラサラ効果のあるDHA・EPAを高配合したサプリメント「きなり」がおすすめです。

血液をサラサラにするクリルオイルや、健康効果のあるナットウキナーゼやアスタキサンチンも含まれているため、体への吸収力・浸透力が違い、脂肪の減少に効果があり、
購入者のリピート率、脅威の92,3%という人気商品。 
特別価格モニターで67%OFFの1980円(税込)と格安で購入できるタイミングで購入するのがポイントです。

内臓脂肪減らすサプリ3位 生漢煎 防風通聖散の特徴

生漢煎 防風通聖散の特徴は、

  • 累計販売450万包突破の大ヒット商品
  • 18種類の生薬を配合
  • 有効成分4,500mg凝縮
  • 肥満対策としての専門サプリメント
  • 第2類医薬品として薬局でも販売中
  • 肥満症・便秘・むくみに効果あり
  • 通常7,800円が初回限定で3,900円で購入可能
  • 「イチおしセレクション」(TV番組)での紹介
  • ミランダカーなど海外セレブも注目のサプリ
  • 基礎代謝大幅アップで、内臓脂肪を落とす効果
  • 89,7%の方が定期コースを申し込んだ実績
  • 漢方なので安全性は抜群

価格 3900(税抜)円
評価 評価4
備考 7800円が初回限定で3900円!
内臓脂肪減らすサプリ3位 生漢煎 防風通聖散の総評

生漢煎 防風通聖散は、漢方・生薬を使用して第2類医薬品として薬局でも販売している、たしかなサプリメントとして人気があります。

効果としては、肥満症・便秘・むくみに効果があり、基礎代謝を大幅にアップさせることで内臓脂肪を減らしたい人におすすめできます

効能が認められた肥満対策医薬品の「生漢煎 防風通聖散」は、今なら限定割引価格で50%OFFの3900円で購入可能です。

 

【そもそも脂肪とは?】

そもそも、脂肪は体に必要なエネルギーを蓄える貯蔵庫の役割を果たしています。生きるために必要なエネルギーは食事から補っていますが、エネルギーを補えなかった場合には、脂肪に蓄えたエネルギーで補うのです。特に女性は妊娠や出産でエネルギーをたくさん使いますので、もともと男性よりも脂肪を蓄えやすい体になっています。さらに、脂肪には適度な体温を維持する機能もあるため、ある程度の脂肪は必要な存在なのです。

 

【内臓脂肪と皮下脂肪の違い】

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があるのです。それぞれの特徴を知ることは、効率的に脂肪を減らすためにも大切です。一緒に学んでいきましょう。

 

@内臓脂肪

体脂肪のうち、内臓の周囲についた脂肪が「内臓脂肪」と呼ばれます。

 

その名の通り、脂肪は内臓についているので、皮膚の上から指でつまむことができません。皮下脂肪よりも体につきやすいですが、エネルギーとして真っ先に利用されるので、燃焼されやすい特徴があります。

 

特にお腹の前面部分につきやすく、お腹が出っ張るように前に出る、いわゆる“りんご型”体型を作り出します。また、内臓脂肪は、男性ホルモンや筋肉量の違いにより、女性よりも男性につきやすい性質があります。

 

ただし、女性も閉経後は女性ホルモンが減少するので、内臓脂肪もつきやすくなる傾向にありますので油断は禁物です。

 

A皮下脂肪

体脂肪のうち、皮膚の下に付く脂肪が「皮下脂肪」と呼ばれます。

 

内臓脂肪とは異なり、指でつまむことができます。内臓脂肪より体につきにくい反面、一度ついてしまうと分解されにくい特徴があります。

 

腰回りや下腹、太ももにつきやすいため、下半身中心に丸みが出る、いわゆる“洋なし型”体型を作り出します。

 

皮下脂肪は筋肉が無い部分についきやすので、内臓脂肪の逆で男性よりも女性につきやすい性質があります。特にお腹周りは、妊娠・出産時に子宮や卵巣周辺を保護するために皮下脂肪が付きやすい傾向にあります。

 

【内臓脂肪が蓄積される原因は?】

内臓脂肪が体に蓄積されてしまう3大原因は、食事・運動・生活習慣にあります。

 

脂っこいものや刺激物の多い食事、過度なアルコール摂取は、体に取り込む脂肪そのものが多くなるので、エネルギーとして使われなかった余分な脂肪は当然体に蓄積されてしまいます。

 

また、運動不足では筋肉を使わないのでその分消費するエネルギーが減少し、脂肪が消費されません。さらに、睡眠不足やストレスが多い生活も、基礎代謝を低下させ、脂肪の消費を妨げます。

 

【内臓脂肪が増えすぎると危険?】

 

体にとってある程度必要な内臓脂肪。しかし、増えすぎた場合は体に悪影響が現れます。
内臓脂肪は、アディポサイトカインという悪玉コレステロールを分泌し、糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こします。生活習慣病が悪化すると、心筋梗塞や脳卒中といった命に関わる病気の原因にもなるため、増えすぎた内臓脂肪の放置はとても危険なのです。

 

【あなたの内臓脂肪は危険レベル?】

自分の内臓脂肪量が適切かどうか、判断する方法をご存知ですか?メジャーまたは体組成計を使えば簡単に判定できますので、一度測定してみると良いでしょう。

 

○メジャーを使った方法

メジャーをおへその位置から水平に腹部にあて測定します。お腹をへこませず、自然な体勢で測定するよう心がけてください。以下の基準に該当した場合は「内臓脂肪型肥満」と判定されます。

 

・胴囲による判定
  • 男性:85cm以上
  • 女性:90cm以上

 

ちなみに、この判定基準に該当し、高血糖、高血圧、脂質異常のいずれかひとつ患っていればメタボリックシンドロームの予備軍、2つ以上患っていた場合にはメタボリックシンドロームと診断されます。

 

○体組成計を使った方法

体組成計は体脂肪率、筋肉量、体水分量、BMI、内臓脂肪レベルなどが、身長や年齢などを入力して台の上に乗るだけで簡単に測定でき、非常に便利です。

 

毎日同じ時間帯に測ると良いでしょう。内臓脂肪レベルの判定および平均値は以下の通りとなっています。

・BMI
・内臓脂肪レベルによる判定

 

9以下:「標準」
10〜14:「やや過剰」(多少の減量が必要)
15以上:「過剰」(積極的な減量が必要)
・内臓脂肪レベルの男女別平均値

 

男性:
20〜29才 内臓脂肪レベル6
30〜39才 内臓脂肪レベル8
40〜49才 内臓脂肪レベル9
50〜59才 内臓脂肪レベル10
60才以上内 内臓脂肪レベル12

 

女性:
20〜29才 内臓脂肪レベル3
30〜39才 内臓脂肪レベル5
40〜49才 内臓脂肪レベル4
50〜59才 内臓脂肪レベル7
60才以上 内臓脂肪レベル6.5

平均値の上昇は、年齢を重ねると代謝が落ち、内臓脂肪が燃焼しにくくなることによります。

 

【内臓脂肪を減らすには?】

内臓脂肪を減らすためには先ほどご紹介した、内臓脂肪を蓄積してしまう3大原因である、食事・運動・生活習慣を見直す必要があります。

 

食事の面では、炭水化物や脂質を必要以上に多く摂り過ぎないなどの食事制限、過度なアルコール摂取を避け、休肝日を設けるなどが効果的です。

 

運動面では、筋トレをして基礎代謝を挙げる、有酸素運動で脂肪を燃焼させるなど、取り組みやすい運動を選んで継続的に行うことが重要です。生活習慣の面では、食事制限や適度な運動だけでなく、睡眠時間をしっかり確保したり、ストレスを溜めない生活を心掛けることが重要です。

 

【サプリで効果的に脂肪を減らそう!】

ご紹介してきたとおり、食事や運動、生活習慣の改善は根気強く長く継続してはじめて効果が現れます。仕事が忙しかったり、旅行に行ったり…と時には継続が難しいこともありますよね。

 

また、しっかり継続しているけれど、1日も早く効果を実感したい!という人も多いことでしょう。そんなときはサプリを併用して取り入れてみると良いでしょう!脂肪を燃焼させたり、脂肪の吸収を抑える成分を含むサプリを取り入れれば、内臓脂肪を減らすサポートをしてくれます。

 

【まとめ】
いかがでしたか。内臓脂肪を減らすには、なによりも、食事や運動、生活習慣を改善し、継続することが大切です。さらに効果を上げたいときにはサプリを上手に活用して、健康的な生活を目指しましょう!

内臓脂肪減らすサプリ1位 シボヘールの特徴

シボヘールの特徴は、

  • 機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」配合
  • 内臓脂肪と皮下脂肪を減らすのを助ける機能があることが報告されている
  • お腹周りの肥満気味やBMIが気になる方に適した食品サプリ
  • いつでも解約可能
  • BMI25〜30の肥満気味なモニター対象研究で「お腹の脂肪を減らす効果」が報告済
  • 飲みやすい錠剤
  • 3ヶ月で効果を実感した体験者多数報告
  • 内臓脂肪・ダイエットサプリとして、人気度1位(当サイト調べ)
  • 日本国内工場で製造した「日本製サプリメント」

価格 (1日約93円!)980円
評価 評価5
備考 3218円が、WEB限定割引で980円キャンペーン中
内臓脂肪減らすサプリ1位 シボヘールの総評

お腹の脂肪を減らすサプリとして最近注目を集めている機能性表示食品『シボヘール』は、「体重を減らす」「お腹の脂肪を減らす」「ウエスト周りを減らす」働きがあるサプリ食品です。

「葛の花のイソフラボン成分」という漢方で、摂取することで燃焼しきれずに余ってしまったエネルギーを脂肪になる前に分解してくれる効能が期待できます。

キャンペーン価格として、1ヶ月分3218円が送料無料で980円(税込)で購入できる時に試すのがおすすめです。

人気、実力ともにナンバーワンの内臓脂肪を減らすサプリといえます。